CAD図面からOffice文書まで ゼロフットプリントでセキュアにデータを共有

高精細な表示や注釈機能の活用でエンジニアの生産性も向上

グローバルに事業を展開している某部品メーカーでは、高精細・多機能ビューイングにより、CAD 図面や設計書などのドキュメントをセキュアに共有するとともに、ERP システムとAPI 連携することで、設計から生産、販売、原価管理までの一連のワークフローを効率化することを目指している。

FTPや電子メールのデータ共有ではセキュリティ面での課題が山積み

 国内外に複数の拠点を有するメーカーでは、開発・生産のプロセスやサプライヤーに対する技術サポートといった場面で、図面や設計書などのやりとりが日々大量に発生する。社外とのやりとりも発生するため、メーカーにとっては自社の機密情報でもある各種ドキュメントをいかにセキュアに共有できるかは重要な課題となる。また、現場で働くエンジニアにとっては、ドキュメントの閲覧や更新がストレスなくできて、かつ目的の情報を素早く精緻に確認できることが望まれる。
 グローバル規模での生産体制づくりを進めている某部品メーカーでも、多様なデータの共有方法の見直しを迫られていた。同社は、現地のニーズを反映させた高品質な開発・生産や、サプライヤーへの的確な技術サポートの実現を目指している段階だった。そのためには、セキュアに情報共有できる体制を整えることが急務であった。
 同社では当時、FTP(File Transfer Protocol)や電子メールで各種ドキュメントを共有していたが、これらの方法ではクライアント端末にデータをダウンロードできてしまうため、セキュリティ面での課題があった。FTP による共有では、クライアントとサーバー間で暗号化がされない。電子メールによる共有では、送付先を誤ってしまうことによる情報漏洩のリスクがある。また、送付可能なサイズを超えたデータの共有ができなかったり、ドキュメントのバージョン管理が困難だったりする問題もあった。
 そこで同社は、CAD 図面やOffice 文書など多様なデータ形式のドキュメントをゼロフットプリントでセキュアに共有できる方法を検討し始めた。検討にあたり、セキュリティ面の課題を解決するだけでなく、現場の生産性向上に貢献するかどうかも重視したという。国内外のさまざまな拠点からドキュメントの変更要求や回答をリアルタイムに実施するとともに、生産管理や各種承認、技術サポートなど一連のワークフローの効率化も実現したいと考えていた。
 複数のファイル共有サービスを比較検討した結果、同社はセキュリティ確保と生産性向上の要件を満たす多機能・高精細ビューイングエンジン「PrizmDoc(プリズムドック)」の採用を決めた。

高精細な画像閲覧と柔軟な注釈機能でエンジニアの生産性が向上

 PrizmDoc は、300 種類以上ものファイルフォーマットのドキュメントをWeb ブラウザ上で表示させるビューイングエンジンである。利用者はWeb ブラウザを介してデータを閲覧する仕組みなので、クライアント端末にドキュメントを残さずに済むうえ、ファイルサイズが大きいデータでも短時間で表示できるようになった。
 同社がPrizmDoc の採用を決めたポイントの一つが、ベクタ形式であるSVG(Scalable Vector Graphics)形式への変換によって高精細な画像を表示できることであった。開発や生産、品質管理などの現場においては、CAD 図面やTIFF 画像など細部まで正確に確認したい情報を多く取り扱う。そのため同社は、どれだけ拡大しても高精度なまま表示できるPrizmDoc の特長を高く評価した。

 また、アノテーション(注釈)機能が充実している点も、同社は高く評価している。PrizmDoc のアノテーション機能では、オリジナルファイル自体を変更せずにブラウザ上のCAD 図面やOffice 文書にコメントやマーカーを追加できる。追加情報のバージョンはPrizmDoc 内で管理されているので、目的に応じて必要なコメントのみに絞って表示させることも可能だ。ある利用者が追加したコメントに対して他の利用者が返信することもできるので、ドキュメント内の特定箇所に関する問い合わせや変更要求などの履歴が一元管理されるようになり、さまざまな業務プロセスにおける意思疎通がスムーズになったという。

既存システムとのAPI 連携によって円滑かつ適正な承認ワークフローも実現

 PrizmDocは、RESTful APIを利用して簡単かつ少ない工数で既存の業務システムと連携させることも可能。ビューアーの操作は、アプリケーションのイベントを利用して簡単に制御できる。ワークフローの効率化も実現したいと考えていた同社では、PrizmDocを既存のERPシステムとAPI連携させた。その結果、同社におけるPrizmDocは承認ワークフローを円滑かつ適正に進めることにも貢献し、一連の業務の効率化にもつながった。
 また、PrizmDocはマルチスレッドで動作するので、複数の拠点やクライアント端末から一斉にアクセスされても、高速かつストレスなくドキュメントを共有することが可能。新たなパートナー企業との取引を開始するときにも、クライアント端末に専用アプリケーションをインストールする必要がないので、すぐに情報共有を開始できる。
 このように、同社はファイル共有時のセキュリティ確保と現場の生産性向上だけでなく、ドキュメントに付随する業務の効率化も実現することにも成功した。同様の課題に悩むメーカーにとっても、PrizmDocは有効な解決策となりえるだろう。具体的な利用イメージを知りたい技術者は、ラネクシーのWebサイトからダウンロードできるトライアル版を試してほしい。

ホワイトペーパーをご提供しています<無料>

PrizmDocは、あらゆるファイルをノンクライアントでユーザーの元へお届けする、多機能・高精細ビューイングエンジンです。
※本ホワイトペーパーは資料請求にて無料でダウンロードできます。