金融系企業が「PrizmDoc」を活用してセキュアな審査プロセスを実現するまで

金融系企業においては、顧客から各種ローンやクレジットカードの申し込みがあったとき、それが適切なものかどうか審査を行う必要がある。しかしこの審査に実物の書類を使用すると、紛失や盗難に遭う、内部の人間に持ち出される、情報が関係ない人間の目に触れる、メールで連絡する際の誤送信などインシデントを引き起こす…などのリスクが生まれてしまう。
そこで金融系企業A社では、多機能ビューイングエンジン「PrizmDoc(プリズムドック)」を活用し、セキュアな審査プロセスを実現。こうした懸念の払拭を図っている。このホワイトペーパーでは、A社の具体的な取り組みについて詳しく紹介していこう。

審査プロセスに存在するさまざまなリスク、万が一のときは大きな信用問題に発展も

銀行、保険、カード会社などの金融系企業では、顧客から住宅ローンをはじめとする各種ローンの申し込みや、クレジットカード作成の申請があったとき、その者に一定以上の収入があるか、他に大きな借金を抱えていないか、事故歴がないかなどを調べ、慎重に審査を行う。
こうした申し込みや申請に使われる書類には、本人の氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、年収、家族情報など、かなりセンシティブな情報が記載される。また、これに運転免許証やパスポートなどの本人確認書類も加わる。さらに住宅ローンでは、住民票、印鑑証明書、売買契約書、金融機関の借り入れ状況、源泉徴収票、所得証明書などの公的な収入証明書類も必要となる。

多くの金融系企業では、審査を実施する際、こうした個人情報が記載された実物の書類/証明書類をそのまま使っているが、これにはさまざまなリスクが存在する。例えば、何かの拍子で書類を紛失してしまうかもしれないし、社内外の人間に盗み出されてしまうかもしれない。書類自体が無事でも、情報が業務と関係ない人間の目に触れる可能性があるし、うっかりミスでスキャンしたデータをメールで誤送信してしまうこともあるだろう。万が一にでも、このようなインシデントにより顧客の個人情報が外部へ流出してしまうようなことがあれば、損害賠償や機会損失により金銭的なダメージを受けるのはもとより、企業としての信用を大きく失ってしまうだろう。
そこで金融系企業A社では、こうしたセキュリティ上の懸念を払しょくするため、実物の書類を使用せずに審査を実現するしくみを構築することにしたのである。

審査に実物の書類は不要、データ化しWebブラウザで確認

A社はさまざまな製品を比較・検討したが、その中から選択したのが多機能ビューイングエンジン「PrizmDoc」であった。
PrizmDocは直接ドキュメントを扱うことなく、セキュリティを担保したまま、公開/使用することができる。また、クライアントPCを経由せず、アプリケーションの内部だけで処理を進めることができる。具体的には、Office文書、PDF、CAD、TIFFなど300種類以上のファイル形式をサーバー上で変換し、Webブラウザで表示させることが可能だ。閲覧にはWebブラウザさえあればよく、専用ソフトなどをクライアントにインストールは不要。実装も容易で、低コストで導入できる。A社はこれらの点を評価し、PrizmDocの採用を決定。その機能を活用したセキュアな審査プロセスの構築に入った。
従来のA社では、顧客から提出された申請書をまずデータベースに登録していた。これが新しい審査プロセスでは、データベースへ登録する前に、各部門でチェックを実施。その際、スタッフに実際の書類を見せるのではなく、一度データ化(画像化)したものをセキュアなファイルサーバに格納し、そのデータをWebブラウザで確認して各種情報を付加。その上でデータベースへ登録するようにしたのである。

セキュアな審査プロセスが実現、データの一元管理も可能に

A社の新たな審査プロセスでは、必要なデータはスタッフが使用するクライアント端末に、Webブラウザを通じて、PrizmDocのビューアで表示しているので、データそのものは端末側に存在しない。よってクライアントからデータが流出する心配のない、セキュアな環境を実現している。
また、スタッフは画像化された申請書をWebブラウザで確認することになるが、その際、画像はSVG形式で高精細に変換される為、レイアウトなどが崩れることはなく、元のままのかたちで表示されるので、拡大して確認する場合でも、文字が崩れて確認しづらい等、業務に支障を来すことがない。さらに、必要があれば、アノテーション(注釈ツール)機能を使って画像へコメントを追加するなど、効率的に文章を共有しながら業務を進めることが可能になった。

PrizmDocで表示された申請書

アノテーション機能を利用して確認したことを追記

  • レイヤーが異なるため、元データとは別に確認済みのデータとして記録

さらには、データを一元的に管理できるようになったのも大きい。各拠点で同じデータを閲覧することが可能になったため、複数拠点間でやり取りをする際に、データのバージョンが異なるといったこともなくなった。
金融、保険、クレジットなどの金融系企業において、審査は不可欠の業務といえる。その審査において、より強固なセキュリティを担保しつつ、ファイル共有の業務効率を上げたいなら、PrizmDocがひとつの回答となるだろう。ご興味のある方は、無料のトライアル版を試してみてはいかがだろうか。

ホワイトペーパーをご提供しています<無料>

PrizmDocは、あらゆるファイルをノンクライアントでユーザーの元へお届けする、多機能・高精細ビューイングエンジンです。
※本ホワイトペーパーは資料請求にて無料でダウンロードできます。